経験的事実と論理的推論から何かをやりたい人。

『万引き家族』の評判はなぜ割れたのか - パルムドール受賞からオウム死刑執行まで

 『万引き家族』という映画について、パルムドール受賞後から様々な意見が飛び交った。個人的に、2004年公開の『誰も知らない』を観てから是枝監督のファンで、タイミングを見て感想をまとめたいと思っていたのだが、既に一つの記事を書くのに十分な情報が溜まってきてしまった。そこで色々と考えた結果、とりあえずこれまでの出来事を時系列的にまとめることにした。これはまだ感想と言えるものではないけれど、差し当たり今までの流れを踏み台にして、映画含む「物事の価値」はいかにして決まるかという視点に触れていきたいと思う。

 まず、「是枝監督がカンヌ映画祭パルムドール受賞」のニュースが飛び込んできたのは、2018年5月20日のことだった。その後、先行上映は6月2日から、一般公開は6月8日からと知った。 www.oricon.co.jp

 そんな折、どういう訳かパルムドール受賞直後くらいから、「是枝監督は反日だ」「『万引き家族』は日本人を貶めている」「犯罪を正当化している」などの批判的なツイートがTwitterに溢れた。

 映画の公開前にも関わらず、こうした意見が出てきたのは、是枝映画を今まで観てきた自分としては意外だった。調べてみると、是枝監督が批判される根拠として、次のような記事が出てきた。 japanese.joins.com www.data-max.co.jp

 「血が混ざってこそ家族なのか、日本の家族は崩壊したが…」という記事では、次のようなコメントが書かれている。

「日本は経済不況で階層間の両極化が進んだ。政府は貧困層を助ける代わりに失敗者として烙印を押し、貧困を個人の責任として処理している。映画の中の家族がその代表的な例だ」

「共同体文化が崩壊して家族が崩壊している。多様性を受け入れるほど成熟しておらず、ますます地域主義に傾倒していって、残ったのは国粋主義だけだった。日本が歴史を認めない根っこがここにある。アジア近隣諸国に申し訳ない気持ちだ。日本もドイツのように謝らなければならない。だが、同じ政権がずっと執権することによって私たちは多くの希望を失っている」

 こうした内容から是枝監督は、「日本政府や安倍政権を批判している」「アジア近隣諸国に謝罪すべきと考えている」などと見られ、<反日左翼>などのレッテルを貼られ、映画そのものに対しても<反日的>という評価がされているようだった。

 一方で、森友・加計学園と結びつけた意見や、是枝監督を日本政府が祝わないのはそれこそ恥だ、というような主張も見られた。

 正直な所、自分も是枝監督の一挙手一投足を追っている訳ではないので、まあ少し左翼的な考えに染まってしまったのかな、くらいには考えていた。しかし、それで映画の評価まで決まってしまうことは、少なくとも自分の中ではない。深作欣二大島渚など、反権力的なテーマながら面白いと思える映画を撮った人も、数知れないからだ。そんなことを考えていると、Twitterで興味深い現象が起きていた。先行上映を観た人々の感想が上がり始めていたのだが、おおよそ絶賛するコメントが大勢を占めていたからだ。その中には、<反日映画>という見方を批判する人も多かった。

 6月上旬頃、Twitterで「万引き家族」と調べてみると、「観ずに批判するツイート」や「観て高評価するツイート」や「見なければ分からないだろうという旨のツイート」などがよく見られた。それを見て自分が思い出したのは、アニメ映画の『この世界の片隅に』が出た時に、「戦争映画なんて陰気くさいから見ない」「戦争を美化している」「太極旗が出るから反日的だ」といったことを観ずに主張する人達だった。まさしく自分がいま見ているのは、『万引き家族』という映画を観ずに内容を断定し、批判する主張ではないか。そんなことを思って、自分はTogetterに次のようなまとめを作った。 togetter.com

 このまとめを作ったのは6月2日のことで、まだ映画の一般公開はされていなかった。しかし、このまとめは思った以上に反響があり、7月7日現在で3万viewを越えた。また、次のようなまとめも派生的に作られ、こちらは10万viewを越えている。 togetter.com

 やがて、当の是枝監督から、次のブログ記事が書かれた。6月5日と6月7日のことだった。 www.kore-eda.com www.kore-eda.com

 この中に、是枝監督は<反日>だなどという主張への反論とも読める内容が書かれていた。要するに、記事の翻訳ミスなどを経て、言及していない語句が付け足された記事が拡散されていたようだ。少なくとも、政権批判や戦後補償の話は映画の主題ではなかったのだ。映画を実際に見た人のレビューを見ていても、そもそも政治的な話がほぼ出てこなかったので、右派左派を巡っての政治的主張の応酬は、やはり見当外れなのだろうと推測できてしまった(そもそも反日の定義って何だ、誰が決めるんだという話もあるが)。

 その後、「公権力とは距離を置く」と言いつつも助成金を貰っていたことへの批判なども出てきたが、当初言われていた「是枝監督は反日だ」「『万引き家族』は日本人を貶めている」「犯罪を正当化している」のような主張を思うと、まず論点が変わっているし、随分大人しい主張になったものだなと思った。この辺までの経緯は文春の記事にもまとめられているが、個人的にはこの記事の意見に賛同する部分が多い。また、文化庁から受けた助成金2000万円は、ヒットしたら基本的に返すものらしい。 bunshun.jp togetter.com

 そうこうするうちに一般公開の日を迎え、自分は6月10日に鑑賞してきた。『誰も知らない』を彷彿とさせる要素も何か所かありながら、所々では監督得意のドキュメンタリータッチを崩し、やや劇的な編集をされたカットもあり、楽しむことができた。また、是枝監督の観察眼にも改めて驚かされた。そして、政府のせの字も無ければ、権力のけの字も出てこないことに、思わず笑ってしまった。犯罪を正当化しているなんて意見もあったが、結末もちゃんとしている。

 細かく言えば、この映画に出てくる家族そのものは、確かに現実には存在しない。けれども、一つ一つのパーツを見ていけば、元になったと考えられる事件をいくらでも挙げることができるだろう。リアルタイムにも様々な事件が起きた。一般公開直前の6月6日には、目黒で5歳の女の子が虐待死した事件が発覚した。公開日の6月8日には、佐賀で「リアル万引き家族」なる事件も起きてしまった。

www.huffingtonpost.jp

 監督のブログにあるinvisible people(見捨てられた人々)という観点で見るなら、6月9日に起きた新幹線での殺傷事件や、6月24日に起きたブロガー刺殺事件や、6月26日に起きた元自衛官による小学校銃撃事件も、映画に関連した事件として取り上げられるだろう。これらは日本で起きた現実の出来事だ。日本の良い所や魅力は自分なりに知っているつもりだし、自分の国を誇るのはどこの国でもやっていることだ。しかし、全ての日本人が勤勉で正直で礼儀正しいかは、また別の問題である。 www.asahi.com www.itmedia.co.jp www.asahi.com

 また7月6日には、オウム事件の死刑囚7人の死刑が執行された。しかし、オウム事件の真相も、結局の所明らかになっていない部分、というか「臭いものに蓋をされた」所があるのではないだろうか。なぜなら、少なくとも事件が発覚する以前、麻原彰晃はバラエティ番組などにも出ていて、世間的には著名人的扱いも受けていたからだ。 www.buzzfeed.com

 さらに、死刑執行された1人でもある中川智正は、一連の事件について率直に話す姿勢が見受けられた。彼が金正男暗殺後に書いたVXガスの論文もある。 www.wynned.com

 『万引き家族』を観てから「オウム死刑執行」のニュースを聞いた時、そしてその後にオウムへの批判が改めて展開されるのを見た時、「ああオウムの人々は、世間からは理解できない<向こう側>に追いやられたのだな」と思った。オウムの後継団体である「アレフ」には、今でも毎年100人程度の人が入信し、全体の規模は1500人程度にもなるという。思うのだが、「反社会的」というレッテルを貼られた団体にわざわざ入る人は、<こちら側>の日本社会で生きて行けなくなった人々なのではないだろうか。過去に遡れば、そもそもオウムが全盛だった時期は、バブル景気からバブル崩壊への時期とも重なっている。だとしたら、オウム信者を厳しく批判しても、恐らくオウム信者は簡単に<こちら側>へは戻ってくれないだろう。物事を何かと<反日>と結び付けたり、あるいは<軍国的>だとか言って意見を押し込めるのも、却ってカルトを生み出しやすくなるのではないだろうか。  そして思うのは、『万引き家族』を観ずに批判する人達が多くいるという事実は、この映画が単なるフィクションではないことを逆説的に示しているのではないかということだ。映画における家族の内情が社会からまともに認知されないのと同様に、映画についても詳しく調べないままにレッテルを貼る人達がいることは、今そこにある事実である。個人的には、映画そのものの評価というよりも、社会に少なからず議論を起こしたという点で、今までの是枝作品にはない特異な性質を感じてもいる。そしてそれは、映画が持つ面白さの一つでもある。

 長々と書いたが、実はこれまでのまとめは、自分が書きたいことのお膳立てだった。ここで、『万引き家族』に限らず、「物事の価値」が人によって分かれるメカニズムを考えて、この記事タイトルを回収したい。一般的に「好みの問題」というのは、人によって意見が分かれるものである。例えば、ある人がモナ・リザのファンだったとして、日本全体でアンケートを取ったら別の絵画が一番人気だったとしても、そのモナ・リザ好きの人の好みが批判されることはないだろう。つまり、好みは主観的なものである。しかし一方で、見てもいないモナ・リザの情報を伝聞で聞いただけで、モナ・リザの素晴らしさを主張する人がいたら、その場合は説得力に欠けることになるだろう。この場合は、好みの正当性を問題にできる場合と考えられる。しかし、実際にモナ・リザを見て、改めて素晴らしいと思った場合には伝聞が正当化され、そうでもなかった時には棄却されることになるだろう。そう考えるとまず、人々が行う価値判断は、その正当性が問題にされる場合と、問題にされない場合があるということになる。

 さて、『万引き家族』の場合、幸か不幸か一般公開の前から、様々な話題と関連づけて論じられることが多々あった。個人的に『万引き家族』は、元々は明確なメッセージを持つ映画ではないと考えているが、むしろそういう性質を持つからこそ、様々な意見と結び付けることが可能な映画だと思っている。それはすなわち、映画を観る前に持っている知識などにより、映画の評価が割れる可能性があると考えているのである。実際、比較的好意的な評価を見ても、書くことは人によって様々だ。

 恐らく一般的には、「映画の評価は映画だけを観てすべきである」という意見が多いだろう。しかし、現実には外部からの情報の影響を「受けてしまう」ことが多いと思われる。これは物事の価値を巡る問題に限らず、より根源的な経験であるはずの「知覚」についても同様のことが言える。例えば、目隠しをして触った物の名前を当てるのが難しかったり、ラベルを見ないでジュースを飲むと何味か答えづらい例などが挙げられる。結局の所、多くの人は普段から、未知の対象について前情報を持ち、それに多少なりとも依存しなければ、いま触れているものが何かや、今飲んでいるものが何かすらもロクに分からなくなるのである。そして、映画を含む物語にしても、それに共感できるかどうかは、過去の自分の経験などに依存する部分があるはずだ。

 また、映画の題材が「実話」だった場合などは、評価に困ることがある。例えば、アメリ同時多発テロを題材にした映画は、映画としての出来がイマイチに感じられたとしても、実際の事件のことを思うと低評価を付けづらいと言う人がいる。逆に、何も知らずに観た映画が、後で実話が題材だと知った時、その映画を撮った意義について考え直すこともあるだろう。そして『万引き家族』を考えると、明らかに現実に起きたいくつかの事件をモチーフにしている。となれば当然、『万引き家族』への評価は、普段見ているニュースなどの知識に依存することになるだろう。

 そう考えると、例えば『万引き家族』を反日的だと批判する人は、是枝監督の<反日的>発言などの影響を受けていると推測できる。映画が犯罪を正当化していると言う人は、過去に同様の言説を見聞きしたことがあったのかもしれない。逆に共感を覚えた人は、自分の過去の経験や伝聞などに思い当たる点があったのだろう。また、特に何も感じなかったのなら、映画中の人物と同様の感覚を味わったことがなかったのではないだろうか。もちろん、事前の知識に評価がある程度左右されるとはいえ、最終的には実際に「観る」ことが重要になる。物事の価値の正当性を高めるには、その物事の「見知り」が重要と思われるのだ。絵画の知識はやたら豊富なのに、モナ・リザを見たことがない人がいたら、その人のモナリザについての意見が説得力を持たないだろうことと、基本的には同じことだ。そしてそうした構造は、日常の中にも潜んでいるだろうし、自分自身もそのバイアスの中にいることを気付かされた。その意味では、日本での興行が比較的好調で、映画のレビューも絶えず増えている状況は良いことだと思う。公開前の時点であれだけ様々な意見が飛び交っていた一方で、やがて鑑賞した人々によって広がった評価を見て、ひょっとしてこれは世の中を変える映画なのかもしれないと思った。

<参考>

万引き家族【映画小説化作品】

万引き家族【映画小説化作品】

誰も知らない [Blu-ray]

誰も知らない [Blu-ray]

現代現象学―経験から始める哲学入門 (ワードマップ)

現代現象学―経験から始める哲学入門 (ワードマップ)

オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義

オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義